ITALO MADE IN SPAIN 11 がリリース

スペインの New Generation Italo Disco / Euro Disco レーベル、MAXI MUSIC によるコンピレーション・シリーズの最新作、ITALO MADE IN SPAIN 11 がリリースされました。イタロディスコ・メガミックスとEXTENDEDを収録。

公式サイトにてCD-Rが販売されている他、Bandcampにて配信も行われています。

Italo Made In Spain 11 Mixed By Juan Martínez (Edit Version)

今回もスペインらしいイジリまくりのメガミックスが魅力的です。Youtubeビデオで試聴するだけでも楽しめるので、興味のある方はチェックしてみてください。

FRED VENTURAのアルバム他、購入しました

SPACE SOUND RECORDS から3作品を購入。(リンク先のShopで注文可)
SONOROUS / RYGAR
NEW WORLD ORDER / PRODOMO
INTERPLAY 2010 – 2020 / FRED VENTURA
(写真はクリックで拡大できます)

NEW WORLD ORDER / PRODOMO はケース交換済み。使用されていたケースが製造不良品で、ケースを開こうとすると何かに引っかかって開きにくく、ケースを開けるたびにケースから音が鳴るような状態。何度かケースを開け閉めしていたら、ケースがヒビ割れしちゃいました。
あと、どの作品も新品・未開封なのにケースに擦り傷があったので、(ポーランドにあると思われる)CD製造工場の品質管理はテキトーっぽいです。ただ、ケース以外は問題ないので、ギリギリOK?ですかね…。

以下、作品の紹介、感想を簡単に。

SONOROUS / RYGAR:
Michiel van der Kuyのプロジェクト、RYGARの最新アルバム。王道的なSpacesynthトラックがほとんどですが、アルバムタイトルになっているSONOROUSは異色の作品。Linda Jo Rizzoによるボーカル入りのダークな低BPMシンセポップ。

Rygar – Sonorous (Album Promo Mix)

NEW WORLD ORDER / PRODOMO:
LASERDANCEのパクリのような曲もちらほらありますが、基本的には聴きやすい印象の非常にオーソドックスなSpacesynth。カバーアートも格好良くて好みです。

Prodomo – New World Order – Promo Mix

INTERPLAY 2010 – 2020 / FRED VENTURA:
近年のFRED VENTURAさんらしい、クールで透明感のある、硬派な雰囲気の作品が集められています。試聴は下記のYoutube Videoの他に、Bandcampでの配信版があります。

Fred Ventura – Interplay (Promo Mix)

Queen Samanthaの1st/2nd LPが国内で再発されていました

最近気付いたのですが、2020年12月9日にQueen Samanthaの1st/2nd LPが日本のレーベルSolid Recordsから再発されていました。

QUEEN SAMANTHA The Letter QUEEN SAMANTHA 2

(上記画像をクリックするとAmazon.co.jpの商品ページに移動します)
1st: The Letter (CDSOL-46623)
2nd: Queen Samantha 2 (CDSOL-46622)

Queen Samanthaといえば Close Your Eyes (邦題:瞳にファンタジー) が日本でもヒットし、ビクターからリリースされたディスコクラシックのCDに時々収録されているので、ご存知の方の多いと思います。
今回再発された2作品はどちらもクオリティはかなり高いので、まだ聴いたことのない方にはオススメですね。(注: Close Your Eyesは収録されていません。)

私は、2012年にリリースされ、1st/2nd/3rdの曲を(ほぼ?)網羅し(曲順は変更されています)、ボーナストラックを追加した The Collection というコンピレーション(正規版です。オススメ!)で音源を持っているので、ぶっちゃけ、今回の国内版は購入予定はないのですけど。

で、話を今回の国内版に戻しますと、2nd: Queen Samantha 2に関しては、一部の曲にリミックスが施されたアメリカ版LPをベースにした再発となり、アメリカ版LPベースとしては世界初CD化となるようです。
アメリカ版LPをベースにアルバムとしての形を保ったCDとしては世界初CD化、という意味になり、ベスト盤などコンピレーション形式では、アメリカ版LPの音源を収録したCDは存在します。ややこしい!
というか、楽天ブックスで公開されているトラックリスト・収録時間情報と前述のThe Collectionの情報を見比べると、今回の再発Queen Samantha 2に収録されている音源はThe Collectionに全て入ってるように見えますね…。曲順もアートワークも違うけど。すごく限定的な意味での「世界初CD化」だなあ…。

ちなみに、The Colletionには1stの曲は、The Letterのアメリカ盤リミックス(※)を除いて、全曲入ってます。うん、やはり私はこの再発は買わないかな…。The Letterのリミックスのためだけに買うのはちょっとね。(書きながら自分の中で再確認。)

(※)わかりづらいですが、今回の再発1stの1曲目のThe Letterがそのアメリカ盤リミックス。で、再発1stにボーナストラックとして入っているThe Letter (French Albbum Version)が、The Collectionに収録されているThe Letter。うーん、やっぱりややこしい。

しかし、音源をお持ちでない方は、今回の再発は非常に貴重なものだと思います。
限定版のようなので、興味をお持ちの方はお早めにどうぞ。それではー。

Amazon.co.jpのセール品CD

2020年の年末あたりから、Amazon.co.jp(マケプレではなく、Amazon.co.jp本体の新品在庫)でひっそりと一部輸入盤CDの値下げが行われています。日数の経過ともに徐々に値下げされていくので、その経過を確認しつつ、買ってもいいなと思う値段になった作品を購入していました。
今回はそんな、掘り出し物のCDを紹介します。Amazon.co.jp本体の輸入盤CDは値段が高いことも多く、普段は買わないんですが、こういう在庫処分は大歓迎!
(カッコ内の値段は購入時の価格。各写真はクリックで拡大できます。)

1. ZYX Music作品
TECHNOBASE.FM VOL. 4 (2 CDs | ¥578)
TECHNOBASE.FM VOLUME 14 (3 CDs | ¥763)
ハンズアップのミックスCD。日本でいう、クエイク系トランスです。ボリュームたっぷりで作業BGMによし!

houseparty (3 CDs | ¥348)
ZYXが2008年ごろに発売していた、Unisex Housebesucheというテックハウスがメインのコンピレーションを再パッケージした商品。同シリーズのVolume 2 (CD1, CD2)とVolume 3 (CD2)がボックスに入ってます。
3枚組で安かったので買ってみました。地味な曲が多めでしたが、気分転換、暇つぶしにはなったし、まあOK。

90s Dancefloor HITS (2 CDs | ¥679)
90年代のユーロダンスヒットのExtendedを集めたコンピレーション。これも再パッケージ商品で、元々は「90s chart hits」というタイトルでした。他のコンピで持ってた音源もありましたが、安く買えたのでOK。

2. Blanco y Negro作品
2000s THE COLLECTION Volume 1 (2 CDs | ¥799)
2000年代のハウス、トランスなどをExtended収録。ON THE MOVE / BARTHEZZ、LIGAYA (GREEN COURT REMIX) / GOURYELLA など。前から興味があったCDで、この値段で買えてラッキー!

blanco y negro DJ CULTURE VOL.42 (2 CDs | ¥417)
2019年のハウス、EDMのExtended収録がメインのコンピレーションですが、ZYX Italo Disco NEW GENERATIONに曲が収録されたこともあるアーティスト、YUHNIVESIAの曲が入ってるので買ってみました。イタロディスコ派生のSpacesynthトラック(HELIUM)も1曲入ってましたね。メインのハウス、EDMもキャッチーな曲が多く、購入して正解。

3. イタロディスコ・アーティストの作品
THE ORIGINAL MAXI-SINGLES COLLECTION / MIKO MISSION (1 CD | ¥1155)
HOW OLD ARE YOU? で有名な MIKO MISSION のベスト。何曲か持ってない曲もあったので購入。

DOLLAR$ & CENT$ / KNIGHT$ (1 CD | ¥1199)
ZYX Italo Disco NEW GENERATIONに曲が収録されたこともあるUKのアーティスト、 KNIGHT$のアルバムCD。(表記が少し異なりますが) 表題曲の Dollars & Cents (Youtube) がすごくキャッチーで良かったです。

GREATEST PIZZA / VINCENZO SALVIA (1 CD | ¥404)
イタリアのアーティストで、インスト作品がメインのNEW GENERATION ITALO DISCOアルバム。格安!

最近購入したイタロディスコCD・2020年10月

Discogsで、発売元のハンガリーのレーベルから個人輸入。
(写真はクリックで拡大できます)

BEST OF NEW GENERATION MAXI DISCO CD EDITION VOL. 1. CLAY PRODUCTIONS BEST MAXI HITS

BEST OF NEW GENERATION MAXI DISCO – CD EDITION VOL. 1. (Discogs)
発売されたばかりの新作。NEW GENERATION ITALO DISCO / EURO DISCO のコンピレーション。これ、かなりクオリティ高くて、予想以上の出来でした。いい曲揃ってます!
3曲目の DISCOLIGHTS / ENERGY VOICE が特にオススメですねー。メロディがグルーヴィでノリノリ♪

Energy Voice – Disco Lights (Italo Party Live)

CLAY PRODUCTIONS – BEST MAXI HITS (Discogs)
New Generation Italo Disco を製作している CLAY PRODUCTIONS の作品を集めたコンピレーション。2018年発売。8曲目に収録されている、ITALO FOREVER / ITALOBOX がお気に入りです。イタロディスコへの愛を歌った1曲。聴いていただけるとわかりますが、中の人は↑の DISCOLIGHTS / ENERGY VOICE と同じ人。

Italobox – Italo Forever (by Holly)

Joy Hello JOY And Tears

HELLO / JOY (1st Album) (Discogs)
JOY AND TEARS / JOY (2nd Album) (Discogs)
ユーロディスコ・グループ、JOYの再発アルバム。2016年発売。ボーナストラックは追加されておらず、オリジナルのままの構成ですが、丁寧にリマスターされているようで音質は良好。1stには LOST IN HONG-KONG、2nd には JAPANESE GIRLS などが収録。
ただ、CD自体のプレス品質は悪くないんですが、なぜかCDケースの品質がイマイチでしたね。未開封品だけど、CDケース内部に擦り傷があったり、透明のCDケースのプラスチック内部に不純物(チリ)がめり込んでたり。ケースのバリの処理が荒く、ケースの端っこに繊維状のプラスチックの糸が付いてたり。

– 入手方法:なんとか日本国内サイトで入手したい人向け –

BEST OF NEW GENERATION MAXI DISCO – CD EDITION VOL. 1. :
CD EDITIONではなく、配信であれば、Amazon.co.jpでも買えます。WAVで買いたい人は(国内サイトではありませんが)Junodownload。ただ、配信はCDと一部内容が異なっているようなので、注意してください。

以下の作品は、Amazon.co.jpに登録されています。
CLAY PRODUCTIONS – BEST MAXI HITS
HELLO / JOY (1st Album)
JOY AND TEARS / JOY (2nd Album)

SEB Pre. INITIAL D DREAM COLLECTION VOL.4 簡易レビュー

VOL.4の簡易レビューをお届けします。

SUPER EUROBEAT presents INITIAL D DREAM COLLECTION VOL.4
Amazonco.jp 商品ページ
| Track Listing

SUPER EUROBEAT presents頭文字D Dream Collection Vol.4

DISC1 : NON STOP REMIX VERSION
あくまでも曲によるのですが、今回はDJ BOSSさんは結構ミックスを頑張られているなあ、という印象。細かく叩いたり、音ネタ入れたり。また、VOL.2/3 のミックスでは違和感のある、くどい部分がありましたが、今回はなく、自然なミックスでした。

DISC2 : EXTENDED VERSION
01. INITIAL D HELL / DAVE RODGERS
2019年のアルバム、DEJA VU等より。特別良くはないが悪くもない、安定した、スタンダードな出来のアグレッシブ・ユーロです。
02. ROCK THIS WAY / NICK KEY
初CD化。お蔵出し(RODGERS & CONTINI RECORDS)。2000年代半ばかなぁ?うーん、まあ、お蔵出しだな、という印象。悪くはないが印象薄めでとっかかりがない、ロック系アグレッシブ・ユーロ。
03. KISSES OF LOVE / SUZY LAZY
AEROBEAT Eurobeat-Version 2にノンストップ収録されていた曲。deltadance.comに水を入れてスプーンで数回かき混ぜたような1曲。そこそこ楽しめる。
04. DEEP INTO YOUR LOVE / PRISCILLA
EUROMACH 5にノンストップ収録されていた曲。DELTAの哀愁ユーロで、まあ、平均的な出来だと思います。

05. QUEEN OF YOUR NIGHTS / MICHELLE ROSE
HI-NRG ATTACKから配信 SUPER CAT-TUNE BEAT に収録されていた曲。初CD化。キャッチーなサビのメロディがいい。ほんのり哀愁風味。おすすめ。

06. SAMURAI / JIMMY BRAVO
EUROMACH 7にノンストップ収録されていた曲。EUROMACH 7では2曲目に収録され、当時のイチオシ曲の一つでしたね。懐かしい名曲。
07. LIE TO ME / FIRE STONE
SCP から配信 EUROBEAT KUDOS 10 に収録されていた曲。初CD化。骨太な雰囲気と疾走感が魅力的な1曲。アグレッシブユーロだけど、これは結構スルメ系かな。聴き込みを推奨。

08. LOVE ME CRAZY / MADDY LAYNE
EUROMACH 3にノンストップ収録されていた曲。飛び抜けてはいないけど、味わい深いメロディがマル。スルメ系哀愁ユーロ。

09. NO RETURN / FASTWAY
EUROMACH 13にノンストップ収録されていた曲。個人的にはユーロマッハシリーズの退潮を思い出す1曲。SCPの勢いが失われていった…。
10. GOT TO RUN / MADISON
Sinclairestyle から配信 BRATT SINCLAIRE EUROBEAT STYLE Vol.3 に収録されていた曲。初CD化。やや暗さを感じる、哀愁アグレッシヴユーロ。淡々としている。

11. LAST FLIGHT TO JAPAN / SOPHIE
初CD化。お蔵出し(TIME)。壮大な雰囲気のある、TIME製・哀愁ユーロ。哀愁に徹した感じではなく、ポップなメロディも混ぜてあるのが特徴。私的には、哀愁に徹して欲しかったかなー。ポップな部分で熱が冷める感じ。まあまあ。

12. WANNA BE YOUR LOVER / KAREN
初CD化。お蔵出し(RODGERS & CONTINI RECORDS)。リフ、A・Bメロ、サビ、どれも平均以上のハイクオリティで、なぜこれがお蔵入り?と不思議になる出来の1曲。正統派の、とてもキャッチーなユーロビート。おすすめ。

13. LET’S DANCE / JOCK LEE
初CD化。お蔵出し(TIME)。こちらもお蔵入りが不思議になる1曲。ノリノリなメロディ、ボーカルがたまらないTIME流アグレッシヴ・ユーロ!個人的にはこの曲が今回のナンバー・ワン! イチオシ!

14. TOKYO BABY, MIDNIGHT LADY / MOTE MOTE
HI-NRG ATTACKから配信 PLANET TOKYO に収録されていた曲。初CD化。あまり盛り上がらないけど、トキオーー!と伸ばして歌うサビなど、コミカルな雰囲気はなかなか楽しい。
15. GAME OVER / ROMEO
DELTAから配信 EUROEBAT MASTERS Vol.20 に収録されていた曲。初CD化。こちらもイマイチ盛り上がらない佳作。イケイケユーロ作ろうとして、結果、淡々とした出来になった、という感じ。

一部楽曲の音質について:
今回は一部の楽曲で音質面で難があるように思えたので、記述しておきます。

DISC1
04. STORMY NIGHT / DAVID ROPA
全体的に音がザラザラしていて、音質は良くありません。SEB VOL.147に収録されているEDIT音源と比べると、すぐに違いがわかります。本作と比べて聴くとSEB VOL.147の方が非常にクリアな音質に感じるくらい、そのくらい違います。うーん、どこから音源持ってきたんだろう…。

DISC2
01. INITIAL D HELL / DAVE RODGERS
この曲はもともとサビのあたりで、意図的かどうかはわかりませんが、チャリチャリ、ジャリジャリというノイズのような音が入っています。それがこのDISC2では、DAVE自身のアルバムと比べ、全体的に音量が上げられているせいか、目立ちやすくなっているようです。逆にDISC1のノンストップでは、エンジン音などの効果音が重なり目立ちにくくなっています。で、まあ、もともとなので、あまり気にすることなく楽しむのが吉
08. LOVE ME CRAZY / MADDY LAYNE
DISC1 Tr.18にも収録され、共通の問題ですが、曲の一部が、かすれているように聴こえます。また、DISC2で曲の終わりのフェードアウト部分が完全に音がフェードアウトしないままブツ切りのように終わり違和感がありました。

また、DISC2の多くの曲で、曲の最後の空白部分が非常に小さく、次の曲と曲が繋がっているように聴こえます。実際にはわずかに空白があり、繋がっていないはず、とは思うのですが…。
ただ、恐らくこれはDISC2の合計収録時間がその理由でしょう。トータル78分58秒。79分に収めたかった? んー、あと30秒くらい増えても大丈夫そうですけどね。

Total: ★★★★☆ (4/5)
音質面で難はあったのは残念でした。しかし、LET’S DANCE / JOCK LEE, WANNA BE YOUR LOVER / KAREN などハイクオリティなお蔵出し楽曲が楽しめること。DISC1のノンストップも、最近のBOSSさんのミックスの中では気合の入った出来でよかったことから、この評価となりました。

今回は以上です。それではー。

LOLEATTA HOLLOWAYの再発アルバムを買いました

数々の名曲ディスコナンバーを生み出したサルソウル・レコードの有名なディーヴァ、LOLEATTA HOLLOWAYの国内盤・再発アルバムを買いました。以前から気になりつつも買ってなかったのと、最近の海外盤CDが個人輸入しづらい状況などが重なり購入。

LOLEATTA +5 (OCTAVE-LAB / OTLCD5551 / 2019 [1976])
LOLEATTA HOLLOWAYがサルソウル・レコードからリリースした最初のアルバムをリマスターし、ボーナストラックを5つ追加したもの。名曲 HIT AND RUN, DREAMIN’ が収録されています。わかってはいたけど、LOLEATTA HOLLOWAYの歌声の凄さ、迫力に圧倒されるアルバム。いや、ほんとに素晴らしく惚れ惚れする歌声。ダンサブルなディスコナンバーと、メロディアスなソウルナンバーのバランスが良く、買ってよかったです。
★★★★★ (5/5) | Amazon.co.jp 商品ページ | Discogs

Hit and Run

"Dreamin’" Loleatta Holloway © 2012 Salsoul Records

LOVE SENSATION +6 (OCTAVE-LAB / OTLCD5568 / 2020 [1980])
LOLEATTA HOLLOWAYの最後のアルバムをリマスターし、ボーナストラックを6つ追加したもの。イタロハウスの名曲、BLACK BOXのRIDE ON TIMEに無断でサンプリング使用されたことでも有名な表題曲、LOVE SENSATION を収録。6つのボーナストラックは全て LOVE SENSATION のバージョン違い。
LOVE SENSATION はご存知の方も多いであろう名曲で素晴らしいんですが、個人的には LOVE SENSATION 以外がちょっと弱く感じました。最初に紹介した LOLEATTA +5 と比べるとディスコ系よりソウル系の曲が多くて、その辺が物足りない感じかな。私は LOLEATTA +5 の方が楽しめましたね。
ちなみに、合計7つのバージョンが収録されている LOVE SENSATION で私が一番好きなのは Tr.11 (ORIGINAL SHEP PETTIBONE 12" MIX) です。ピアノの音色がとても印象的な、ゴージャスで、ハウス・トラックのような雰囲気のバージョン。これがかっこいい。Youtubeの動画を埋め込んでおきますので、興味がある方は試聴してみてください。
★★★★☆ (4/5) | Amazon.co.jp 商品ページ | Discogs

Loleatta Holloway – Love Sensation (Shep Pettibone Mix)

THE BEST OF SUPER EUROBEAT 2020(仮)(CD2枚組)

Amazon.co.jpにて情報が公開されました。
2020年10月28日、発売予定。 (カタログ番号: AVCD-96583/4)
BEATFREAK盤 SEB VOL.1をベースにしたカバーアートが素敵ですね。
以下、Amazon.co.jpより情報を引用します。

SUPER EUROBEAT THE BEST OF 2020 30th ANNIVERSARY

THE BEST OF SUPER EUROBEAT 2020(仮)(CD2枚組)

【アルバムCD2枚組】
スーパーユーロビートが1990年1月の第1作目より遂に今年で30周年!
STAY HOMEが叫ばれる5月前後にはパラパラが再注目! ギャルが踊るパラパラ動画はあっという間に100万再生を突破! 根強い人気を証明! その元の音楽となっているのがこのユーロビートシリーズ!
豪華2枚組でDISC-1には最新のユーロビートを全曲初収録! コアなユーロファンも納得の内容に。
DISC2のコンセプトは『EUROWAVE』。お洒落で少し懐かしさを感じる、ユーロビートの王道”哀愁ユーロ”とはまた異なる、新たなジャンルでピックアップした楽曲をノンストップで収録。

■収録内容
Disc-1
・恋歌と雨音 (EUROBEAT REMIX) / sweetbox
・BABY COUNTDOWN / KEN MARTIN
他全12曲予定

Disc-2
・INTO THE GROOVE / PHIL & LINDA
・CRAZY & READY / PHIL
・I’M GONNA CARRY ON / NUAGE
・GOING CRAZY / QUEEN 26
・ONLY FOR LOVE ONLY FOR YOU / PHIL & LINDA
・DON’T LET ME BE THE FIRST / QUEEN 26
・ANOTHER LIFE / DE LEO
・LOVE IS BLUE / MARK RISE
・ONE NIGHT IN TOKYO / ALEXIS
・GET UP AND MOVE IT / 70’s QUEENS feat. ANNALISE & VIRGINELLE
他全25曲収録予定

Initial Dave Eurobeat Series Vol.2 (配信のみ?)

DRM (Dave Rodgers Music) より、Initial Dave Eurobeat Series Vol.2 が9月20日に発売予定であることが発表されました。
カバーアート、トラックリストも発表済み。ただ、現時点では 配信のみ っぽい雰囲気。CDに関する記載がありません。配信のみならちょっと残念ですが、まあ、仕方ないですかね。
トラックリストなど、より詳細な情報は下記カバーアートのリンクからBandcampでご確認ください。

INITIAL DAVE EUROBEAT SERIES VOL. 2
Initial Dave Eurobeat Series Vol.2

厳選30曲 イタロディスコ (Italo Disco) 名曲選

今回は「厳選30曲 イタロディスコ (Italo Disco) 名曲選」と題しまして、私がオススメするイタロディスコの名曲の数々をご紹介いたします。

厳選30曲 イタロディスコ (Italo Disco) 名曲選 ITALO DISCO BEST 30 TRACKS

選曲のコンセプト
1. 主に「日本で知名度が低めだが、クオリティの高い楽曲」を紹介する。(定番・メジャー楽曲を一切載せないわけではない)
2. 「イタロディスコとはイタリア風のディスコ、であり、イタリア産楽曲に限らない」という考えの元に選曲。イタロディスコという言葉を生んだドイツZYX Recordsは1980年代当時からドイツ産やスペイン産の楽曲もイタロディスコとして扱っているため。
3. ドイツ産の楽曲はユーロディスコ色が強すぎる曲は選ばないように心がけた。つまり、MODERN TALKING / BAD BOYS BLUEなどは含まれない。
4. 黎明期のエレクロリックなインスト主体の作品ではなく、黄金期のボーカル主体の作品をメインで選曲。日本のイタロディスコ・ファンの一部はハウス寄りのインストゥルメンタル・イタロディスコを好むが、あくまでもイタロディスコのメインはキャッチーなボーカルナンバーである。
5. イタリア産のファンク系ディスコは、イタリア産ディスコであってイタロディスコではないと考えるので入れていない。イタロディスコの定義はジャンル名の生みの親であるZYX RecordsのThe Best Of Italo-Discoシリーズ(のコンピレーション・コンセプトがしっかりと固まったVol. 2〜)を主な基準とする。

前置きが少し長くなりましたが、それではご紹介していきましょう。
– 順番は便宜上のもので特に深い意味はありません。
– 動画の埋め込みは権利者がYoutubeでの使用を許可している楽曲に限らせていただきました。
* 埋め込みのない曲はDiscogsへのリンクを掲載。

まずはイタリア産の楽曲から。 続きを読む