SEB 244 トラックリストが発表されました、が…

SUPER EUROBEAT VOL.244 トラックリスト
引用元 (ジャケット画像あり): http://avex.jp/eurobeat/discography/detail.php?id=1015083

01 GIMME SOME LOVIN / LOUISE
02 THE SPIRIT OF THE NIGHT / DEEMO
03 TURN ME ON / ACE
04 JUMP INTO THE YELLOW / ANA&LOL
05 GIVE A STOP TO MIND BURNOUTS / PIMKY
06 TIGER MASK / NICK FESTARI
07 TIME GOES BY / STEPHY MARTIN
08 PUT AN ARROW / BLACK EVA
09 DON’T WANNA LOVE YOU TONIGHT / DREAM FIGHTERS
10 UNFORGETTABLE UNBELIEVABLE / BLISS
11 UNFORGETTABLE UNBELIEVABLE / BLISS

12 A BIT OF EUROBEAT / MANUEL
13 GALLOP / CHAI&ROBERTA
14 ROCKIN ON THE HIGHWAY / LOU MASTER
15 KING OF THE ROAD / KAIOH & DOMINO

トラック10, 11 のところが…(^^;
(※ 記事投稿日時時点)

KEN LASZLO 新曲は、90年代初頭ユーロビート風

いやぁ、長かった。FIRE AND ICE / KEN LASZLO。もう何年も前に米SPACE SOUND RECORDSのサイトで、CD album として情報が発表された本作ですが、今年の9月1日に、12インチシングルとして発売されることになったようです。(リリースは、米 Around My Dream Records というレーベルで、SPACE SOUND RECORDSではありませんが)

Youtubeにサンプルがアップされていまして、聴いてみますと、イタロディスコというよりは、90年代初頭のユーロビートのようなサウンドに仕上がっています。
(ビデオ公開日が、6月6日になってますね…。気づくのに時間がかかってしまった…。)

この楽曲はNew Generation Italo Discoアーティスト、作家である Mirko Hirsch 氏制作なのですが、彼はTQのKICKSTARTという楽曲でも、ユーロビート風・サウンドメイクをしていたことがあり、それと同様の路線の楽曲、というところでしょうか。

FIRE AND ICE / KEN LASZLO – トラックリストは…、
A1 Fire And Ice (Extended Mix By Eddy Mi Ami & Mirko Hirsch)
B1 Fire And Ice (Synth Rock Mix By Mirko Hirsch)
B2 Fire And Ice (Eurobeat Mix By Electro Potato)

となっていて、Eurobeat Mix なんてバージョンもあるようです。ここでいうEurobeatが、日本でいうユーロビートと同じ意味を持つかは、実際の音源を聴いてみないとなんとも言えないな、とは思いますが、気になりますね。

また、今回のシングルだけでなく、当初の情報のように CD album としてのリリースがあるかどうかも気になります。アルバムの制作が進んだので、シングルリリース。なのか、それとも、アルバム完成まではいかないけど、とりあえずシングルは出そう。ということなのか。前者であってほしいですが果たして…。
ではでは。

[訃報] 松本みつぐさん

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
レッドモンスターこと、松本みつぐさんがお亡くなりになられたようです。
ご冥福をお祈りいたします。
(RIP: Mitsugu Matsumoto aka Red Monster, Japanese DJ.)

7月24日・追記:
音楽評論家の吉岡正晴さんが詳細な情報をご自身のブログに掲載されていますので、リンクし、ご紹介いたします。
●訃報 ディスコDJ松本みつぐさん63歳で死去

マイナーレーベル発のイタロディスコ新譜情報

タイトル通りですが、4作品の情報をお届けします。

1. BOYS – The Best Of SABRINA
BOYS - The Best of SABRINA
リンクはDiscogs。BOYS (SUMMERTIME LOVE) でおなじみ。サブリナのベストアルバム。ハンガリーのHargent Mediaより6月12日にリリース済み。
ドイツの流通業者Nova MDに流通を委託しているようなので、ドイツ盤相当と考えておくと購入先を選びやすそうです。一応、Amazon.deのリンク置いておきます。
https://www.amazon.de/dp/B06ZYMXBWH/

2. Back in Time (European edition) / Tom Hooker
TOM HOOKER -BACK IN TIME-
リンクは流通業者Nova MDのサイト。これもHargent Media盤 (Hargent New Media)。Den HarrowやEddy Huntingtonの作品に携わっていたMiki ChieregatoプロデュースのイタロディスコアーティストTom Hookerのアルバム。アメリカ盤として100枚限定ですでにリリースの2枚組アルバムなのですが、少数プレス、高額販売という販売手法で入手は諦めていました。今回の、この (European edition) で手に入りやすくなりそうです。
Amazon.de – https://www.amazon.de/dp/B072HXH48Q/

3. Best of New Italo Disco-2017
リンクはAmazon.de。Hargent Media盤です (Hargent New Media)。分かるのはタイトルとディスク枚数1ということ、8月14日発売予定ということくらい。

4. LIKE A STAR / DAVID LYME
DAVID LYME LIKE A STAR
リンクは流通業者Nova MDのサイト。PLAY BOY のヒットでおなじみ、DAVID LYMEのアルバムが再発。7月24日発売予定。Trend Musicというレーベルからのリリースですが、レーベル名が普遍的なこともあり、調べてみてもどこの国のレーベルなのかよくわからないですね…。ジャケットのデザインの雰囲気がHargent Media作品と似ているし、流通はNova MD。Hargentの関連レーベルだったりするのかな?(単なる推測ですので、当たってないかも。)
オリジナル版の8曲に、Hit Mix, Bambina (original version) を加えた合計10トラックのようです。ボーナストラックがちょっと弱い印象。
Amazon.de – https://www.amazon.de/dp/B07285CNMF/

RETRO FUTURISM 入手! : 最近入手したイタロディスコCD | 2017年6/7月

RETRO FUTURISM italo is still alive ALEPH

FLY TO ME (Italoconnection Remix) / ALEPH 収録!
クレジット欄に「With kind permission from Giancarlo Pasquini」とあるので、DAVEから直接ライセンス取得したみたいです。
いやぁ、いいリミックスです。さすが、Italoconnection (Fred Ventura & Paolo Gozzetti)。 (試聴はこちら | Track Listing | Amazon.co.jp)

ITALOVE, Heaven42 (ALALOG LANGUAGEのNew Generation Italo Discoアルバム)も入手しました。ITALOVEのアルバムの出来は素晴らしかった。迷わず星5つ★★★★★!おすすめです。

ほか、80sコンピ。Rewind To The 80s GERMANYI LOVE ZYX ITALO DISCO COLLECTION 22 / 23
The Music Of John Carpenter / SPLASH BANDは、ジョン・カーペンターの音楽作品をインストのイタロディスコ調でカバーしたアルバム。1984年リリース、2015年に再発されたCDで、ずっと気になりつつも買ってませんでしたが、ようやく入手。
インストのイタロディスコが好きな人なら、これは楽しめると思います。少なくとも私はそう。買って正解でした。

最近はこんなCD楽しんでますー。それでは。

Updates (2017.07.04)

I LOVE DISCO SUMMER Vol.5 – I LOVE DISCO シリーズ、久しぶりの新作がリリース。ただ、今回から、以前のスタッフさん (Rafa Carmona (プロデューサー), Arnaud Ralite (マスタリング)) による制作ではないと思われます。(理由はこちらを参照) 音質面での影響があるかもしれません。
また、CD2 Tr.11 COMING UP / ROSS なのですが、Blanco Y Negro公式DiscogsアカウントがDiscogsに登録した情報だと、スペイン語バージョンで収録されるように見えます。(タイトル:Búscame) ただ、Amazon.esで発表された情報では、英語版タイトル。もしスペイン語バージョンで収録ならレアですが、果たして…。

  • [Track Lisiting] I LOVE DISCO SUMMER Vol.5
    2017.07.12 / blanco y negro (Spain) / MXCD 3459 (CS)
    THE BEST SUMMER HITS OF THE 80’S. 2CDs. I LOVE DISCO シリーズ、久々の新作。イタロディスコ、ユーロディスコのヒット曲を収録。一部コンピ収録が珍しいレア曲もありますが、そうでない定番曲が多いです。
  • New Releases (2017.07-09)
    上記更新に伴う変更。(ブログ本体)

    Updates (2017.06.29): SEB 244 発売日ほか

    SUPER EUROBEAT VOL.244、2017年8月23日発売予定。
    15 tracks. EXTENDED VERSION.
    (Amazon.co.jp で購入)

    また、6月30日発売のDELUXE CD MUSIC作品3点をデータベースに追加しました。

    • [Track Listing] DANCE CONTROL / MIKE MAREEN
      2017.06.30 / DELUXE CD MUSIC (POKORNY MUSIC SOLUTIONS) (Germany) / DCD010
      (Deluxe Edition) ドイツのユーロディスコ・アーティスト、MIKE MAREEN の1stアルバムが Deluxe Edition として再発。
    • [Track Listing] Let’s Start Now / Mike Mareen
      2017.06.30 / DELUXE CD MUSIC (POKORNY MUSIC SOLUTIONS) (Germany) / DCD011
      (Deluxe Edition) ドイツのユーロディスコ・アーティスト、MIKE MAREEN の2ndアルバムが Deluxe Edition として再発。
    • [Track Listing] No.1 / SILENT CIRCLE
      2017.06.30 / DELUXE CD MUSIC (POKORNY MUSIC SOLUTIONS) (Germany) / DCD012
      (Deluxe Edition) ドイツのユーロディスコ・ユニット、SILENT CIRCLE のアルバムが Deluxe Edition として再発。
    • New Releases (2017.07-09)
      上記更新に伴う変更。(ブログ本体)
    • New Releases (2017.04-06)
      上記更新に伴う変更。(ブログ本体)

    SUPER EUROBEAT VOL.243 簡易レビュー

    SEB VOL.243 レビューです。オススメは Tr.04, 09, 11, 15。
    (恒例の最初のお断りのようなものですが)ユーロビートレビューは人によって評価が全く違うことも珍しくないですので、まあ、こういう感想の人もいるのか程度の気持ちで、暇つぶし代わりにでもお読みいただければ幸いです。

    今回は、SUN FIREがお休みなのですが、海外サイト Eurobeat Prime のフォーラムで、「DAVE RODGERS が SUN FIRE から離脱。新レーベル設立?」なんて話題が出ています。今回の SUN FIRE のお休みはこの辺が関係しているのでしょうか?
    242の延期もSUN FIRE絡みのゴタゴタが影響したのでしょうかねえ?これはさすがに考え過ぎか。(^^;

    (Track Listing | Amazon.co.jp で購入)

    では、レビューです。どうぞ。

    01. BURNING INSIDE OUT / SEASTAR
    SCP. リフは格好良く好み。ただボーカルパートが印象薄いかな。よくあるSCPな感じ。曲後半のサビメロをインストシンセでなぞる部分(3:33あたり)は好きな演出ですが、短くて残念。
    ★★★☆☆ (3.4 / 5)
    02. FOXY LOVE / MANUEL & LOLITA
    GOGO’s (SCPスタジオ). やたら派手なリフが印象的な作品。ギャラクティックというか、スパークリーというか、キラキラ、ギラギラというか。LOLITAさんとのデュエットということで、MANUELさんのクセみたいなのは抑えめ。ただ、相変わらず熱唱してるのになぜかボーカルは印象に残らないんですよねえ…。MANUELさんが作る曲の「特徴」なのか、私の好みとの「相性」なのか…。
    ★★★☆☆ (3.0 / 5)
    03. NEVER KNOW WHY / MELA
    BOOM BOOM BEAT. (レーベル初期と比べるとだいぶ抑え目ですけど)このレーベルらしい重低音が印象的。ただ、ボーカル、リフ共にあっさり、ポップな作品で、個人的には音や雰囲気で楽しむ作品という感じかな。そこそこ。
    ★★★☆☆ (3.5 / 5)

    04. NEW DIRTY ROAD / ACE
    SCP. レッツゴー、フォウ!と、ボイスサンプルが入っていて、既に日本人DJによってミックスされているような雰囲気も出ている本作。前にぐいぐい引っ張っていくような個人的に好きなパターンのSCPトラック。天井を突き破る程ではないものの、ハイテンション、ハイクオリティな作品。おすすめ。
    ★★★★☆ (4.0 / 5)

    05. SET MY LOVE IN FLAMES / TORA
    SinclaireStyle. 全体的に激しさと軽やかさが同居したような雰囲気。ややパンチが弱いのは否めないが、スルメ系の要素はありそう。SinclaireStyleの底力みたいなのは感じる。まあまあ。
    ★★★★☆ (3.7 / 5)
    06. ONE NIGHT DRILLER / CLAUDIA VIP
    HI-NRG ATTACK. ブックレットの解説にもありますが、正統派の作品。起承転結。面白みは無いけど、その分安心感みたいなのがある曲。まあまあ。
    ★★★★☆ (3.7 / 5)
    07. YOU MY EUROBEAT / PAUL HARRIS
    DELTA. 242に引き続き聴きやすい音に変わったDELTA作品。以前の音は個性があるのに、いろいろな曲に使われ過ぎで、耳にタコで、何聴いても同じ曲に…な状態に達していたので、この変化は大歓迎。曲の出来は、こちらも正統派。奇をてらわない堅実な出来。まあまあ。
    ★★★★☆ (3.7 / 5)
    08. WAR / DREAM FIGHTERS
    DIMA. イントロ等のギターサウンドはかっこいいけど…。個人的に苦手な、DIMAの一つの単語をシャウトする系のユーロビート。頭に残るのはウォー!というサビと、ギターはかっこいいなあ、ってこと。好きな人はゴメンナサイ、くどいようですが苦手なんです。
    ★★☆☆☆ (2.0 / 5)

    09. TWIST AND SHAKE / DEE DEE WONDER
    HI-NRG ATTACK. YOU’RE IN DANGER / THE FLIPPERS (EUROBEAT FLASH Vol.9) のサビを彷彿とさせるリフがいい感じの作品。エナアタ特有のここ数年のボーカルパートのメロディのクセみたいなのは、最近弱まりつつもまだ残ってますが、だいぶ聴きやすくなってるのは確か。イントロや間奏のピアノパートもいい感じの、キャッチーな哀愁ポップユーロ。オススメ!
    ★★★★☆ (4.3 / 5)

    10. STAY TOGETHER NOW OR NEVER / DAVID DIMA
    DIMA. ブックレット解説でEDMと関連づけて紹介されている本作ですが、ホント、そんな感じ。EDMのボーカルパートをユーロと融合させたような出来。その時代のサウンドをユーロと融合させるのはテクノ、トランスなどの例もありますね。そのEDM版? 個人的には、リフの音色もEDM調にして、思い切ってほしかったかな。これユーロじゃなくてEDMだよね?というツッコミが入るくらいの思い切りがあった方がよかった。ちょっと中途半端な感じ。EDMのポップ要素だけ切り抜いて、ユーロと合わせた作風です。
    ★★★☆☆ (3.2 / 5)

    11. LOVE & DIAMONDS / CHERRY
    DELTA. タイトルを見たとき、I LOVE DISCO DIAMONDS COLLECTION シリーズを思い出しましたけど、もちろん関係ありません。こちらも聴きやすい音色のDELTAですが、リフの出来いいですねえ!キャッチーで聴いていて楽しい。心躍ります。サビのインパクトがやや弱い気もしますが、全体的にハイクオリティ。哀愁ポップ路線。おすすめです。
    ★★★★☆ (4.0 / 5)

    12. ACROSS THE RAINBOW / LOUISE
    HI-NRG ATTACK. 気を抜いてぼーっと聴くと、これエナアタだっけ?となるくらい、いい意味で、クセが抜けたポップユーロに仕上がっている本作。個人的にはエナアタはEBF時代の作風へ回帰してほしいな、と思ってるんですが、その期待が盛り上がる作品。実に聴きやすい。ややキャッチーさは欠けますが、なかなかの出来だと思います。
    ★★★★☆ (3.8 / 5)
    13. ONE MORE DANCE / ELLY
    SCP. SCPが正統派に寄せて来たらこんな感じ? やや印象薄いものの、キャッチーポップユーロの路線。はっちゃけた、弾けた感じが足らないのが、イマイチ突き抜けない原因かな。まあまあ。
    ★★★★☆ (3.6 / 5)
    14. ROCKET TO NEW PLANET / BON
    SinclaireStyle. SFなフレーズ、歌詞の作品ですが、サウンド面での反映は無いですね。ロケットの発射の管制士のカウントダウンとか、打ち上げの騒音とかほしかったな。おしい。出来は悪くないんですが、演出面でもう少し頑張ってほしかった作品。
    ★★★★☆ (3.7 / 5)

    15. MY EXIT HEAVEN / BAMBOO BIMBO
    SCP. 243一番のオススメ曲!一段突き抜けたサビの熱唱が堪らない。思わずCDに合わせて歌いたくなるキャッチー&アグレッシブなハイクオリティユーロ!ABメロも、サビのブレイク前の「ため」として、ワクワクさせてくれる出来。ノンストップ盤の「いじり」での、更なる盛り上がりにも期待。
    ★★★★★ (4.8 / 5)

    Total: ★★★★☆ (4/5)
    最初が低空飛行気味なものの、なかなか楽しめる良作が集まった1枚。もう1、2曲、星4つをつけたくなる曲があったら、もっと良かったですが、トータルでは「まあまあ」な出来なのではないかと思います。

    さて、松本みつぐ先生が「90年代SEB神曲のカバー化のムーブメント」を提唱されていますね。これはSEB外で、ということでしょう。(ですよね?)
    SEB外でそういうブームが起きるなら、ジャンルの壁を飛び越えそうですから、面白みはありそう。可能性は無限大。まあ、単なるJ-EUROカバーだと、かなり上手く仕掛けないと埋もれそうですけど。(^^;

    で、SEB内のリバイバル、をついでに語っておきますと…、SEB 160, 170 の時代の 200X 楽曲。あと、VOL.193 ~REVIVAL HITS~。とかがありましたね。こういうのは、たぶんまたやっても似たような結果で終わりそうな気がします。
    重要なのは「90年代の”作風”への回帰」をやってみる。これだと思ってます。ヨーロッパ市場で盛り上がる、80年代のイタロディスコを現代に再現する NEW GENERATION ITALO DISCO。HI-NRG ATTACKが一時期作っていた低BPM作品。などなど、
    昔の再現というと80年代の再現になりがちですが、90年代の再現をやってみる。90年代中盤から後半の再現。これがSEBに一番あったリバイバルじゃないかな。と長年思ってます。
    VOL.221からの SinclaireStyle の路線は、この考えに比較的近いのではないか、とも。まあ、あくまで一ファンの思いに過ぎませんけど…。

    今回はこれで以上です。それでは。

    SUPER EUROBEAT VOL.243 Teaser

    ビデオが公開されていましたので、貼っておきます。
    (Track Listing | Amazon.co.jp で購入)

    以下、簡単な感想。
    冒頭の TWIST AND SHAKE / DEE DEE WONDER は、YOU’RE IN DANGER / THE FLIPPERS (EUROBEAT FLASH Vol.9) を思い出しましたねえ。YOU’RE IN DANGER は大好きなので、この曲も期待。
    DELTAはついに音のリニューアルに本格着手?今回も聴きやすくて好印象。
    MELAの曲は、3Bらしい重低音がイイ!短くてこのビデオではそれ以上は判断つきにくいですが。
    あと、BAMBOO BIMBO, ACE の曲がいい感じですね。

    これ以外は、良さそうなのもあれば、うーん、なのもありますが、実際にCDで聴いて判断、かな。
    発売が楽しみです。 それでは。

    Updates (2017.06.18)