I Love Import! #11 – TURIN DANCEFLOOR EXPRESS / I-ROBOTS

今回は、イタリアのDJ・プロデューサーであるGianluca Pandullo氏が、I-ROBOTS名義で自身のレーベルOpilec Musicよりリリースした、TURIN DANCEFLOOR EXPRESS をご紹介します。

I-ROBOTSは、IRMA RECORDSから出た写真左のコンピが有名ですが、今作は右の黒いジャケットの方。トラックリストは下記Discogsリンクでご確認ください。
左 (ITALO ELECTRO DISCO UNDERGROUND CLASSICS) : Amazon.co.jp | Discogs
右 (TURIN DANCEFLOOR EXPRESS) : Amazon.co.jp | Discogs

CD2枚組のコンピレーションで、2017年2月リリース。(流通はイギリスの企業。)70年代80年代のディスコ、イタロファンク、そしてイタロディスコなどが収録されています。

CD I は、冒頭のポップコーンのカバー等、テクノなサウンドもありますが、70年代のディスコ、イタロファンク主体。

CD II は、80年代の作品を収録。エレクトリックな黎明期のイタロディスコサウンド!
主にこっち目当てで購入したんですが、いやー、濃い!

VAMOS A LA PLAYA / RIGHEIRA の 1981 ORIGINAL DEMO VERSION。デモではない通常バージョンより、ずっとダークでカルトなサウンド!

LEMONSWEET / BAGARRE! 1982年のイタロ・エレクトロ・ディスコの名曲をアルバムバージョンで。

YOU + I ? / EGO NECO。現在アナログがDiscogsで660ユーロで出品されていて(w、Want200超えのレアイタロディスコ。たぶん初CD化。

DARK SILENCE / ART FINE。I LOVE ZYX ITALO DISCO COLLECTION 15 にA面バージョンで収録されましたが、本作ではB面バージョン。

ほか、CD発売元のYoutubeアカウントで、試聴ファイルが多数アップされていますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

たぶん初CD化の曲や、未発表音源など、いろいろ入ってます。
ユーロビートに比較的近い、王道イタロディスコもいいですが、そうではない、ダークで、クールなイタロディスコを聴いてみたい方にオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。