I Love Import! #12 – JOE YELLOW ベスト盤比較 | ANALOG LANGUAGE Vs. ZYX MUSIC

JOE YELLOWの2枚組ベスト盤。ポーランドのANALOG LANGUAGE盤と、ドイツのZYX MUSIC盤。両方購入したので、比較してみました。
下記トラックリストの曲番号はコピペ元そのままなだけで特に意味はありません。また、同じ曲でも曲によって、ANALOG LANGUAGE盤とZYX MUSIC盤で、表記が微妙に異なる場合があります。

写真:
左 – ANALOG LANGUAGE (YELLOWGRAPHY)
右 – ZYX MUSIC (GREATEST HITS & REMIXES)

まずは収録曲。
共通して収録されている曲がこれだけあります。主にEXTENDED音源が共通していますね。全15曲。
01. LOVER TO LOVER (For Sale) (AV Version) 8:12
02. TAKE MY HEART (Vocal Version) 5:13
03. RECOLLECTION (Vocal Version) 7:02
04. I’M YOUR LOVER (Vocal) 5:30
05. LOVE AT FIRST (Extended Version) 6:10
06. RUNNER (Run Version) 5:51
07. EASY LOVERS (Mix Edit) 5:42
08. I’M YOUR LOVER Medley LOVE AT FIRST 5:46
09. WILD BOY (Extended Version) 6:05
10. SYNCHRONISATION OF LOVE (Vocal) 5:31
11. LAST CALL (Extended Version) 6:14
12. U.S.A. (Extended Version) 5:18

03. RECOLLECTION (I’m The Centre Of The Earth) 4:36
07. EASY LOVERS (Power Dub Version) 7:02
08. LOVER TO LOVER Medley TAKE MY HEART 4:38

続いて、ANALOG LANGUAGE盤のみの曲です。
96年のリミックス音源と、インストバージョンがANALOG LANGUAGE盤の魅力です。
13. LOVER TO LOVER ’96 (Clubland Vocal Mix) 6:46

01. LOVER (Again) (In Version) 7:08
02. TAKE MY HEART (Instrumental Version) 4:03
04. I’M YOUR LOVER (Instrumental) 6:10
05. LOVE AT FIRST (Instrumental) 6:07
06. RUNNER (Run Dub Version) 6:05
09. WILD BOY (Instrumental Version) 4:13
10. SYNCHRONISATION OF LOVE (Instrumental) 5:13
11. LAST CALL (Instrumental Version) 5:21
12. U.S.A. (Instrumental) 3:04
13. LOVER TO LOVER ’96 (Extended Mix) 5:40

そして、ZYX MUSIC盤のみの曲。
7"/Radio VersionがZYX MUSIC盤の魅力。また、LOVE AT FIRST (Special R.E.M.I.X.)は、ZYX MUSIC盤のみとなっています。ただ、このリミックスは後述しますが音質が悪いです。
01. LOVER TO LOVER (7" Version) 4:19
02. TAKE MY HEART (7" Vocal Version) 3:56
03. I’M YOUR LOVER (7" Vocal Version) 3:51
04. LOVE AT FIRST (7" Vocal Version) 3:29
05. EASY LOVERS (Radio Edit) 3:30
06. RUNNER (Album Version) 4:28
08. WILD BOY (Radio Version) 3:59
09. LOVER (AGAIN) (7" Version) 4:06
10. U.S.A. (Radio Mix) 3:11

03. LOVE AT FIRST (Special R.E.M.I.X.) 7:59

(あくまでも私個人の感想になりますが、)音質面。
違いは、正直、あまり気になりませんでした。ANALOG LANGUAGEは音をマスターテープから取ってマスタリングしていることをFacebookでアピールしていましたが、ZYX MUSIC盤を聴いているとき、ZYXの音質が特別劣っているようには聴こえず…。
(ANALOG LANGUAGEはZYX MUSICからライセンスを借りてこのCDをリリースしていて、マスターテープの調達もZYXの協力があったようなので、これは当たり前の結果、でしょうかね。)
ただ、同じ曲で聴き比べをやってみますと、ANALOG LANGUAGEのほうが、音が明るいと言いますか、音の解像度が良い曲があるのが分かりました。LOVER TO LOVER はイントロの部分から音の違いが分かりますね。
ただ、I’M YOUR LOVER を聴き比べたときは、わずかに違う気もしますが、ほとんど変わらず、といった印象でした。

音質は曲によってはANALOG LANGUAGEが良い。ただ、ほとんど変わらない曲もあり。というところかな…。変わらない曲が多いかも。
あと音質とは少し違いますが、曲の違いとしては、曲の終わりの空白部分が、ANALOG LANGUAGEのほうが大きく取ってあり、同じ曲でも数秒ANALOG LANGUAGEのほうが長くなっている場合があります。

また、ZYX MUSIC盤のみの曲ですが、7"/Radio Versionは特に気にならなかったのですが、LOVE AT FIRST (Special R.E.M.I.X.)。これは音質が悪いです。アナログ盤から音を取ってあり、パチパチ、とアナログ盤特有のノイズが全編に入っています。間奏等、曲が静かになる部分では、このノイズが聴こえやすくなり、結構キツイ。このリミックス自体はなかなか良いと思うんですが、音質面は予め覚悟しておいてください。

アートワーク面。 (写真 – 上: ZYX MUSIC | 下: ANALOG LANGUAGE)
まず表紙。ANALOG LANGUAGEはオリジナルのデザイン。ZYX MUSICはEASY LOVERSのアナログジャケットをベースに改変したデザインになっています。
が、大きく違うのはブックレット。ZYX MUSICは1枚のペラ紙でクレジットが印刷されているだけ。しかし、ANALOG LANGUAGEはここがZYXより明らかに優れているところで、合計8点のアーティスト写真、だいぶ小さいですが、アナログ盤のジャケット一覧、英語ですが詳細なライナーノーツ。など、ZYXよりだいぶ充実しています。クレジット欄もZYXより詳しく書いてあります。

どっちがオススメ?
どちらか1つを買うなら、私は、ANALOG LANGUAGE盤をオススメします。主要な曲のEXTENDEDが聴けるのはどちらも同じですが、ANALOG LANGUAGE盤はインストも聴けます。ZYX MUSIC盤は7"/Radio Versionがその代わりに聴けますが、単にEXTENDEDより短いバージョン、という曲が多く、インストバージョンが聴ける方がより満足度が高いのでは…、と思います。
ブックレットがZYXより豪華な点もANALOG LANGUAGE盤をオススメする理由です。

もちろんZYX MUSIC盤のメリットもあり、それは価格等、入手性の面です。この辺を重視するなら、ZYX MUSIC盤でも十分楽しめると思います。

インストも、7"/Radio Versionもどっちも気になる!
両方買いましょう! 最終的にあなたが満足するかは別です。ただ、両方気になるとき、両方買わないと両方聴けないなら、両方買うしかないのです。私はそうしました。
で、最終的にどう感じたかというと、ANALOG LANGUAGE盤だけでも良かったかも、とちょっと思いました。でも、7"/Radio Versionが気になる気持ちを解消するにはZYX MUSIC盤が必要だったのも確かでした。音質悪かったけど、(Special R.E.M.I.X.)も聴けましたしね。どうするかはあなた次第です…。お買い物は自己責任で。念のため。

最後にリンク。
ANALOG LANGUAGE: Track Listing | Amazon.co.jp
ZYX MUSIC: Track Listing | Amazon.co.jp

第3の選択肢 – アルバム IM YOUR LOVER:
Track Listing (Discogs) | Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。